書籍「メンタルモデル ユーザーへの共感から生まれるUXデザイン戦略」

翻訳に関わらせていただいた書籍「メンタルモデル – ユーザーへの共感から生まれるUXデザイン戦略」が発売になりました

この本は、著者のインディ・ヤングさんが考案した「メンタルモデル」とよばれるタワー型のダイアグラムを作成することにより、ユーザーの行動にある動機や価値観を整理し、それに合わせて既存のプロダクト・サービスのチューニングや新規サービスの発想しようというものです。具体的なプロダクト・サービスのデザインではなく、その一歩手前で使うダイアグラムがゴールとなります。ユーザーに共感し、その行動を根本から理解できればプロダクト・サービスの方向性にブレがなくなる。そして、可視化されたダイアグラムは将来にわたってサービス開発のベースとして長く使えるものである、というコンセプトに基づいています。

Rosenfeld社のシリーズの特徴でもあるのですが、この本も非常に実務的に書かれており、ダイアグラムに至る過程としてのユーザーインタビューやそこからの具体的なユーザーの行動要素への落とし込み、そしてそのとりまとめのノウハウが細やかに書かれています。「メンタルモデル」というタイトルから認知心理学的な読み物を想像されるかもしれませんが、この本は具体的にビジネスに活かすための手法の本と言えるでしょう。ぜひ読んでいただければと思います。