山中俊治さんの義足の話

EARTHLING2011というシンポジウムを見てきた。全体を通して非常に充実した一日だった。なかでも山中俊治さんの義足プロジェクトがすごく印象的だったのでメモ

* プロジェクトをはじめた頃は「義足にデザインなんて」と懐疑的な見方をされた。
* 多くの義足は人間の脚に似せようとしている。ただしスポーツ用の義足はそうではない。美しい義足の形とはどういうものか?果たして人間の脚に似せるのが正解なのだろうか、と考えるようになった。
* ある日、グラウンドで義足のアスリートを見ながらスケッチを描いていると、そのアスリートに「絵を描く人なのですか?」と話しかけられた。自分はデザイナーで義足をデザインしたいと思ってスケッチしている、と伝えると「僕も実はこの脚ってかっこいいんじゃないかって思ってたんです。そういう見方をしてくれる人がいて嬉しいです」と言われた。その時にデザインの可能性を感じた。
* 日本には現在8000人の義足の人がいる。多くの人はズボンに隠しているので分らない。逆に、スポーツ用の義足をつけることによってはじめて義足で人前にたつことになる。
* ある女性のアスリートは自分の義足を花の模様で飾っていた。美的側面も求められていると確信した。

そのようにして何枚ものスケッチを描き、何体ものプロトタイプを経て現在のモデルにたどりつくのだそうだ。望まない理由で使うことになった道具が逆にアイデンティティとなっていく人間の強さ、そしてそれを後押しするデザインの力を感じるエピソードだ。

現在は一人一人にあわせて作っているので商業的にはまわらないだろう、と認めていた。ただそれは大量生産を前提にしたものづくりができないことで、それを分った上でやらなければならいと思ってやっている、と言っていた。

最後にモデレーターから「なぜこのプロジェクトをはじめたのですか?」と質問されて山中さんはこんな風に答えていた。「最初は単に好奇心です。でもそれでいいと思うんです。最初は好奇心で、この形って何だろう、と近づいて行くので。それでもやって行くと、後から、人助けになるとか役に立つとかそうものが見えてくるんです」

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中