Flow / ミハイ・チクセントミハイ (1)


ミハイ・チクセントミハイの「Flow」を読んでいる。直接にデザインやエンジニアリングに関わる本ではないもののUX関係のいろいろな本で言及されているので一度ちゃんと読んでこうと思ったのです。とうことで読書中のメモを書いて行こうかと思う。

中心となる問題意識は「人の幸せとはなんなのか?満足している状態とはなんなのか?過去の時代から較べると物質的には何十倍も豊かになっているし、社会的にも最も洗練された状態にあるのになぜ幸せ感はそれほどにも上がっていないように感じられるのか?」というもの。社会的に、というのは、民主主義的なシステムが長い歴史的な苦労の上にやっとのこと築かれた現在であるにもかかわらず、という意味。よく聞く議論ではあるが確かにそうだ。そのあたりを科学の視点から検証して行こう、という本らしい。

ちなみに、幸せ度を測る試験として、ランダムに一日8回鳴るようにしたページャー(ポケベルみたいもの?)を色々な人にもってもらい、それが鳴った時の気分やしている事をメモする、という調査を1週間やったそうだ。日記調査としてなかなか面白い。携帯電話の利用実態などもこの手法で調査すると面白いかもしれない。

以下メモ
* 人々はリッチになりたい、痩せたいなどと願うものだが本当に満足できるものはそれではない。
* 根本的には世界は予測不可能なものであり、それを無理矢理に理解しようとして様々な社会的ツール(文化や宗教など)が作られてきた。それは「カオスから人々を守るシールド」である
* 私たちはもっとも重要なのは未来に起こることだと信じるように育てられてきている。今の苦労は未来のため、未来のため、と常に現在ではなく未来のために現在を生きているところがある。「それは常に明日のパンとジャムであり、今日のパンとジャムではない。」
* 私たちは動物的な欲求(肉体的な快楽をものめるもの)と社会的な欲求(まわりの人の評価をもとめるもの)に内側と外側からコントロールされている。そこから意識を使って自由になるのが満足いく毎日を送るための道である。

#現在1章を読み終わったところ

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中